Raspberry Π

Raspberry Piでいろんなことをやってみようというブログです。

mincraft

第2回 Raspberry Piで野菜栽培をやってみる

ラズパイを使って、野菜栽培をやってみる、第2回となります。

今回は育てる野菜の選定から準備までを行います。


f:id:taka230035:20170529082314p:plain:w500



第1回は以下となります。

rasp0035.hatenablog.com




水耕栽培キットとは

第1回にてたてた目標にあるように、
水耕栽培キットという、水だけで手軽に育てられる栽培方法があり、いくつかのシリーズが販売されているようです。


代表的なもの・最新なものとして、以下のリンクのようなものがあります。

www.greenfarm.uing.u-tc.co.jp


水耕栽培とは、土を使わずに新鮮でおいしい野菜が育てられるシステム。
Green Farmなら、専用の種や液体肥料、栽培スポンジをセットするだけ。
初心者やお子さまにもオススメです。


ということで、上記商品は自分が現段階で考えているこのプロジェクトの最終形であり、LEDやファンなどを搭載しています。
人の手が加わることを最小限としていたり、ある程度の自然条件を考慮しなくて良いものとなっております。
f:id:taka230035:20170529080232p:plain:w500



お値段も8,000円〜ということで、搭載機能的には妥当かなと思いました。

ユーイング 水耕栽培機GreenFarmCube UH-CB01G1 ホワイト

ユーイング 水耕栽培機GreenFarmCube UH-CB01G1 ホワイト





今回選んだ水耕栽培キット

そのような水耕栽培キットですが、その中で今回自分が選んだものが以下となります。

育てるグリーンペット ベジ レタス GD-44502

育てるグリーンペット ベジ レタス GD-44502



まぁ、上で大々的に宣伝したものとはかなり違います。
ある程度、自動化・機械化されたものを取り入れようとしてもモチベーションは上がらないですし。

これを選んだ理由として、
大きさや育てやすそうであること、そして最初は失敗するだろうということでリーズナブルなものを調べた結果で購入してみました。


これを育てていこうと思います。



ラズパイ側の準備

次にラズパイ側の準備を整えようと思います。

・カメラモジュールで1日1回野菜の状況を撮影する。
・撮影した画像をSNSで共有できるようにする。

としたとおり、カメラ機能の導入と、SNSとして今回はTwitterにて共有できるようにします。


それぞれ別の記事としましたが、すでに実装済みとなります。

rasp0035.hatenablog.com



rasp0035.hatenablog.com


設定などの詳細は別記事を参照ください。



ラズパイ側の作業を別記事としたので、今回は短めとなりましたが、
第2回としては以上となります。
次回は栽培キットの設置から掲載いたします。


育てるグリーンペット ベジ レタス GD-44502

育てるグリーンペット ベジ レタス GD-44502