読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raspberry Π

Raspberry Piでいろんなことをやってみようというブログです。

mincraft

第20回 Raspberry Piでラジコンを作る。

今度こそ改良版ラズコンを動かします!!


f:id:taka230035:20170413083026j:plain:w300



前回の記事は以下です。

rasp0035.hatenablog.com





最終確認

それでは、今度こそ動かしましょう!
もう動作は確認済です。動きとしては以下になりました!!

・直進
f:id:taka230035:20170413083333g:plain

・後退
f:id:taka230035:20170413083353g:plain

・旋回
f:id:taka230035:20170413083351g:plain

GIFアニメーションとなり、フレームレートを調整できてしまうのですが、一応体感でのスピードを再現させております。
※走らせる場所により動かし辛かったので、やむなく狭い場所での撮影でした。
※機会があればもっと広い場所で爽快に走らせている動画をアップロードしたいと思います。




感想

自分の望みどおり動かすことが出来ました。

直進、後退のスピードは速いですね!
(改造していない)ミニ四駆と同じと言っても過言でないかと。

旋回については、ぱっと見た感じうまく回れているのですが、
少し曲がるだけのような、角度調整は難しいとおもいました。
また、旋回の試行錯誤は前回で短めにまとめてますが、正直かなり時間とめんどくささを費やしました。

1つ目がタイヤの部分の位置変更する作業が面倒と思いまして。
タイヤのカスタマイズしやすくするか、一度決めたらもう変更しないような仕様にする。
という課題になってくると思いました。

2つ目はサーバ側のシェルとなり、旋回用を考えるのに時間がかかりました。
第18回に掲載しているシェルも正直、余計な部分があると思いまして、さらに考察と修正する必要があると思います。
ただ、もしかして前回曲がらなかったのは、走らせる場所の問題とか、ラズパイの前進後退の向きを変えたからと。。
上記の問題だけで解決したかもしれません。もう少し検証して、記事を修正したいと思います。

rasp0035.hatenablog.com





そして・・・

さて、今回20回に渡るラズコンプロジェクトを掲載しましたが、今回で一旦終了とします。
これ以上の改善は多くの部品を改造することとなり、現状それに当てる時間とモチベーションが追いついていない状況です。

次の第21回で総まとめとして、感じたことや課題点を書きたいと思います。
リンクは以下です。

rasp0035.hatenablog.com



以上です。