Raspberry Π

Raspberry Piでいろんなことをやってみようというブログです。

mincraft

第5回 Raspberry Piでラジコンを作る。

第5回となる今回は、ラズコンのタイヤと車体部分を製作したいと思います。

f:id:taka230035:20161119150936j:plain:w300



前回、第4回のリンクは以下となります。

rasp0035.hatenablog.com





使用する商品・部品

第3回で掲載しましたしたが、タイヤ部分はこちらの商品の一部を使用します。
f:id:taka230035:20161118012638j:plain:w200 f:id:taka230035:20161119145511j:plain:w200


車体部分についてはこちら。
f:id:taka230035:20161118013436j:plain:w200 f:id:taka230035:20161119145747j:plain:w200

車体のオレンジの部品はピンとなり、他の部品を止めるために使用します。
組み合わせるとピン留めのようなものとなります。着脱は簡単にできます。 f:id:taka230035:20161119155502j:plain:w200 f:id:taka230035:20161119155617j:plain:w200




タイヤと車体の製作

まず車体の車輪軸となる部分を作りました。
f:id:taka230035:20161020082235j:plain:w200

そして、車輪を本体に付けます。ここまでの組み立てはすごく簡単です。
※車体板の真ん中の突起はモーターを固定するために付けてましたが、
 モーター側にも接続できる突起があり、外しております。
f:id:taka230035:20161119150409j:plain:w200


次に第4回で作ったモーターギアに車輪を付けて搭載しました。さり気なくスペーサーもつけております。
f:id:taka230035:20161119150801j:plain:w200


そして、車輪にタイヤをはめますが、ここからが少しコツが必要と思いました。

タイヤはいくつかの部品で構成されますが、自由な長さにはできません。
長さが決まっているタイヤ部品を何個かくっつけて、1つのタイヤの完成となります。
f:id:taka230035:20161119152254j:plain:w200


タイヤをくっつけるのところが少し面倒ですが、これは外れにくくするためだと思われます。
f:id:taka230035:20161119152317j:plain:w200


モーターギアとタイヤの接続まで終わりました。
形ができてくるとワクワクします。
f:id:taka230035:20161119150936j:plain:w200 f:id:taka230035:20161119151017j:plain:w200


タイヤの位置やスペーサーの位置を今後載せる部品により調整するかもしれませんが、一旦は完了です。


次回は車体のラズパイを載せたりと作り込みを行っていきます。
以上です。




次回のリンクは以下となります。

rasp0035.hatenablog.com