Raspberry Π

Raspberry Piでいろんなことをやってみようというブログです。

mincraft

Raspberry Pi 3の購入レビュー

このブログの主役となるRaspberry Piの購入レビューとなります。
Raspberry Pi 3を購入しまして、これにより自分もRaspberry Piデビューとなります。
f:id:taka230035:20160930000733j:plain:w300



Raspberry Piといえば、この3か、もしくはZeroというのもあるのですが、
周辺デバイスの接続しやすさとして、Raspberry Pi 3を選択しました。


商品の詳細

内容物は
f:id:taka230035:20160930000752j:plain:w200
Raspberry本体とGPIOカード、GPIOシール、Raspberry接続ねじ
取扱説明書2つ
となっております。

自分はAmazonで購入となり、サードパーティが販売してるので、少し高めなのですが、
海外から直接購入しても輸送料等かかるし、期間もかかるので、
Amazonで良いと考えました。

値段は7000円ほどです。


Raspberry本体の大きさについては
タテ・ヨコはiPhone5Sのディスプレイとほとんど同じサイズです。
f:id:taka230035:20160930000754j:plain:w200

厚さは若干あり。3,4cmほどでした。
f:id:taka230035:20160930000757j:plain:w200

とにかく小さい。
これが1つのコンピューターだとは信じがたい!!!!
と過大広告的ではありますが、本当にそう思いました。

様々なことができる可能性を秘めていて、
どのように作りこむか考えるだけで、ワクワクします。




さらに使ってみて

購入から半年ほど経ちまして、
LEDを使ったシステムや音を鳴らせたり、モーターを使ったシステムも作りました。
それでモーター操作のためラズパイのGPIOをいじくっていたときのことですが、どうやらGPIOが故障してしまったようです。
原因は高電流からの負荷によるものかもしれません。

意外と脆いという思いもありますが、GPIOに関してはすごいデリケートなんだなということも分かり、自分の知識不足も痛感しました。

安さうえの脆さ、壊れやすさなどもあるのかもしれませんが、でもすぐに買い直し考える事ができるという点ではRaspberry Piの安さは魅力だと思います。




購入・使用感の満足度

★★★★⭐︎( 4/5 )

値段や小ささ・姫たる可能性だけでも購入した時点でかなりの満足感です。

そして実際、LEDやモーターを動かせたりと色々なことができるのですが、
ただそれなりの知識がないと使いこなせないなという思り、
ハードルは低くはないなぁということから4点となります。